FC2ブログ
気まぐれ猫様の初ブログ。大学生活、音楽、食べ物…自由な日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターンシップ②
2013年06月26日 (水) | 編集 |
足が、足が痛いです←

松葉杖事件後足は完全に治ったと思っていたのですが

痛み止の薬が切れた途端痛みが戻ってきました。

病院に行くか行くまいか…。

悩みどころです。

どうしてこうも私は病気や怪我ばかり………。



うだうだ言っていても仕方ないので本題へ。笑





08:30体育祭開催!

始めの頃はのんびりしていられたのですが、

競技が進むにつれて擦り傷を負った生徒がぞろぞろ………。


特に竹を使った競技が終わる度に痛々しい怪我をした女の子たちが続出。

普段スカートやハイソックスで擦れてしまいそうなところだと余計にかわいそうでした。



私は怪我人のクラスや名前、処置方法などの記入と

実際に怪我の洗浄や消毒、これからの指導を行いました。


消毒をしてあげるのが私の仕事だとはわかっているのですが、

泣きそうな目で見つめられてしまうともう…………。苦笑

つい何度か手を止めてしまいましたが、

「心を鬼にしてしっかり泥を落として消毒してあげて」

と先生から言われたのでとにかく素早く済ませてあげようと頑張りました。

もちろんその間‘生徒たち’………と言うか‘後輩たち’は

呻き声をあげてたりするのですが………。

それでも消毒を終えたあと、涙目になりつつ笑顔で「ありがとうございました」

と言ってくれるなんて………。

とても嬉しかったです。

どうやら後輩たちは伝統の礼儀正しさを引き継いでくれているみたいで安心しました。



プログラムが進み、

クラスや部活の対抗リレーなどチームプレーが試される競技になるにつれ

だんだん傷の規模が大きくなってきました。

そりゃ個人競技より頑張る分怪我もしますよね。


そんな姿に感動しつつも、痛がる後輩たちに容赦なく笑顔で

消毒を続ける姿は悪魔のようでした。

By.後輩


うん、普段はね、だいぶいじられキャラ?でね、

どちらかというと受け身なんですけどね、

あの日だけは少しSっ気を学べたと思います。

……………どこで生かせるかはわかりませんが。


あ、もちろん笑顔で接していたのは後輩たちを不安にさせないためですよ?

楽しんでいたわけではないです、決してないです。



私、実は骨折したことがありまして。

小学4年生の頃なんですけどね。

ドッジボールで右手の小指を骨折したのですが、

思いっきり指が外側を向いてしまって。

担任は顔を青ざめて保健室にdash。

それを見た私はだんだん怖くなってきて……。


そんなとき保健室の先生はとっても落ち着いて

これから病院へ向かうことなどをわかりやすく教えてくださり、

移動中や待合室で左手をずっと優しく握ってくださったんです。

私が不安になっているのを察してくだっさったんでしょうね、

にっこりと笑って

「gatto.ちゃんは泣かないね、強い強い。

流石お姉ちゃんだね。もう少しで治るからね。」

と声をかけ続けてくださったり、

つい笑ってしまうようなおもしろい話を沢山してくださいました。


その体験がきっかけで養護教諭に憧れたんです。

言ってませんでしたね。笑

まぁ、そういうわけで私は笑顔を絶やさないように活動していたわけです。



さて、今晩はこのへんで。

明日は③を更新します!

それでは、おやすみなさい‼


下のバナーをクリックして
ブログの応援をお願いします♪

にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。