気まぐれ猫様の初ブログ。大学生活、音楽、食べ物…自由な日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積極的に素直に
2014年04月14日 (月) | 編集 |
今日は母に連れられて
祖母のいる複合型サービスへ。
多機能型居住施設と訪問の
両方を兼ね備えた施設です。

車椅子を押して祖母の
買い物に付き添いました。
車椅子から降りずに乗ることができる
車に初めて乗りました。
感動。
車椅子を乗せる板がウィーンって
降りてきてそこに乗るのです。

買い物をしていて気付いたことは
お店の通路って狭いってこと。
車椅子だとなかなか通れない幅だったり。
でもその通路を通らないと
見たい商品が見れない。

バリアフリーだとか言われる時代ですが
それは坂とか段差とかにしか
なかなか目がいってなくて。

でも通路を広くすることって
階段をスロープにしたり
段差を減らして平面にするより
ずっと簡単なことだと思いませんか?

要するに気付くか気付かないか。
やるかやらないかなんです。
きっと。


色々と考えさせられつつ
施設に戻るとちょうど夕飯の時間でした。

病院よりもこういう施設の方が
色鮮やかでしっかり味がある
イメージが大きいですね。
できるだけ利用者さんの希望に沿う
小規模な場所の魅力です。

祖母は誰の力も借りず
しっかりと3食食べれるそう。
自分でできることはできるだけ
自分でやらせるという方針だからこそ
自分でできることが少なくなり辛い。
勉強になります。


祖母の様子を見に来たのですが、
実習の経験もあって他の利用者さんにも
ついつい声をかけてしまいました。

私からするとちょうど
おじいちゃんおばあちゃん世代。
私はどうやらこの年代が好きみたいです。

前にも書いたかもしれませんが、
おじいちゃんおばあちゃんといると
自然と笑顔になれるし
優しい気持ちになるんです。
なんとなく、私ってこういうとこに
いるべきなんじゃないかって思いました。

養護教諭に憧れる気持ちはまだあるし、
学校という場所が好きでしたし。
でも、こういう施設で
人生の最後の貴重な時間を支える、
そんなお仕事がしたいと思うのです。


施設の方とお話しさせていただいたところ
もしかしたらここで祖母の様子も見つつ
ボランティアをさせていただけることに
なるかもしれません。
実現できるといいなあ。


色々考えさせられる1日でした。
あと、
施設で飼っている黒猫に
めちゃくちゃ癒されました♡笑
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。