FC2ブログ
気まぐれ猫様の初ブログ。大学生活、音楽、食べ物…自由な日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに限界。
2013年11月29日 (金) | 編集 |
昨日ぎりぎりを超えてしまいました。


看護基本技術という看護演習の授業中に

起立性障害からの貧血を起こしました。


精神疲労とのぼせたのが原因だと思われます。

昨日は全身清拭というベッド上で清拭をする演習だったので

患者役の露出度が多く、部屋に暖房がかなり効いていたのです。


朝から「今日はやけにふらふらするな」なんて思っていたのに

恐ろしく暑い中途方もなく考え事してたらそりゃのぼせるわな。


心配をかけてしまった方々すみません。

看護学科にいるとこういうときに非常に助けられます。



夜には色々あって軽い過呼吸と持病の喘息の発作を起こしました。

何時間も泣いているとこうなります。

ピークが来ると呼吸が危うくなります。


一人暮らしをしているとそういうときに誰にも助けてもらえません。

かなり怖い思いをしました。

なにか具体的に助けてくれなくても、せめて誰か一緒にいてほしい。

物理的にでは無理だけど、せめて声をかけてほしい。

まぁ、呼吸がうまくできていない時点で助けさえ呼べないんですけど。


みなさまくれぐれもお気を付けて←


今朝起きてみると目は腫れて開かないし、

身体は昨晩のが理由でばきばきに動かないしくらくらするしで、

本日は自習休校いたしました。

友達からも演習中のこともあるので休みな、と言ってもらいました。


こうやって書き出したら「ここ数日でぼろぼろになったな」と苦笑しました。

自分の荷物が増えすぎていたんでしょうね。


昨晩自分の持ち物の中身をやたらめったら放り出したおかげで

今はなんとか落ち着いています。



昨日…というか、深夜から朝方までで考えたことは、

好きなものを好きでいたり、何かを大切にしたいと思うと、

それなりの辛さや苦しさが伴うということです。

それらはもしかしたら好きだったり大切にしたい想いよりも大きいかもしれない。

ときには大きく膨れ上がりすぎて破裂しそうにもなる。


そんなとき、そこまでしてでもその想いを持っていたいのか考え直します。

もしその苦しみにこれ以上耐えられなくて、その想いを断ち切れるのであれば

いっそのこと捨ててしまう方がいいと思います。

そうしないと自分が潰れてしまうし、

そもそも大切だったその想いは断ち切れる程のものだったということだからです。

必要不可欠ではなかったものに自分を犠牲にしてまで苦しんで

それで報われなかったらどうしようもない。


もし、辛いことが何倍にあっても、それでもその想いを大切にしたいのならば

何があってもその代償に耐え抜かねばならない。

それがどんなに辛くてもそれが仕方のないことなら受け入れるしかないんです。

ただ、受け身を取り続けて自分を殺してはいけない。

たまには全部投げ出してもいいのです。

誰かに危害を加えたり、自分の身を投げ出すまでしなければ。

そして大切にしたい想いを決して忘れないこと、

しっかり苦しんだ分報われる保証がどこかにあること、

これがあれば大丈夫です、たぶん。



うん、自分に言い聞かせてるな、これ。笑


もし何かで悩んでいて苦しくなったらちょっと思い出してください。

「あ、なんかなぜか病んでるgatto.がこんなこと言ってたな」と。笑

こんなやつでもこんな感じで生きていられているので大丈夫です。

人生苦しくても辛くても嫌になってもなんとかなるのです。



そういえば、

ニュー・シネマ・パラダイスの音源もうひとつ持っていました。

51yjXgr7HIL.jpg

「ベスト吹奏楽100」

という6枚組のアルバムです。

ポップスやマーチなどジャンルは様々。

吹奏楽を楽しめるCDです。


その中の2枚目(ジャケットはSax♡←)の中に

51eLvxgts4L__AA300_.jpg

「ニュー・シネマ・パラダイス」が収録されていました。

最初のsoloはもちろんAlto Saxophoneです←

ぜひ聴き比べてみてください。


明日は土曜日なのに休校の分の補講があったり、

大学主催のフォーラムに参加したり。

慌ただしい。

夜には高校時代のSax仲間が遊びにきます。

それを楽しみに日中乗り越えよう。


下のバナーをクリックして
ブログの応援をお願いします♪

にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。