気まぐれ猫様の初ブログ。大学生活、音楽、食べ物…自由な日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積極的に素直に
2014年04月14日 (月) | 編集 |
今日は母に連れられて
祖母のいる複合型サービスへ。
多機能型居住施設と訪問の
両方を兼ね備えた施設です。

車椅子を押して祖母の
買い物に付き添いました。
車椅子から降りずに乗ることができる
車に初めて乗りました。
感動。
車椅子を乗せる板がウィーンって
降りてきてそこに乗るのです。

買い物をしていて気付いたことは
お店の通路って狭いってこと。
車椅子だとなかなか通れない幅だったり。
でもその通路を通らないと
見たい商品が見れない。

バリアフリーだとか言われる時代ですが
それは坂とか段差とかにしか
なかなか目がいってなくて。

でも通路を広くすることって
階段をスロープにしたり
段差を減らして平面にするより
ずっと簡単なことだと思いませんか?

要するに気付くか気付かないか。
やるかやらないかなんです。
きっと。


色々と考えさせられつつ
施設に戻るとちょうど夕飯の時間でした。

病院よりもこういう施設の方が
色鮮やかでしっかり味がある
イメージが大きいですね。
できるだけ利用者さんの希望に沿う
小規模な場所の魅力です。

祖母は誰の力も借りず
しっかりと3食食べれるそう。
自分でできることはできるだけ
自分でやらせるという方針だからこそ
自分でできることが少なくなり辛い。
勉強になります。


祖母の様子を見に来たのですが、
実習の経験もあって他の利用者さんにも
ついつい声をかけてしまいました。

私からするとちょうど
おじいちゃんおばあちゃん世代。
私はどうやらこの年代が好きみたいです。

前にも書いたかもしれませんが、
おじいちゃんおばあちゃんといると
自然と笑顔になれるし
優しい気持ちになるんです。
なんとなく、私ってこういうとこに
いるべきなんじゃないかって思いました。

養護教諭に憧れる気持ちはまだあるし、
学校という場所が好きでしたし。
でも、こういう施設で
人生の最後の貴重な時間を支える、
そんなお仕事がしたいと思うのです。


施設の方とお話しさせていただいたところ
もしかしたらここで祖母の様子も見つつ
ボランティアをさせていただけることに
なるかもしれません。
実現できるといいなあ。


色々考えさせられる1日でした。
あと、
施設で飼っている黒猫に
めちゃくちゃ癒されました♡笑
スポンサーサイト
3度目の戸惑い。
2014年03月10日 (月) | 編集 |
少し日が空いてしまいました。

8日(土)に先生の告別式に
参列いたしました。

話を聞いてみると
先生はその日もいつもどおり
大学でお仕事をなされていたそう。

突然に亡くなってしまうということが
本当にあるんだと実感しました。

普段とてもしゃんとしていて
厳しく優しく指導してくださる
先生方が泣いておられたのが
数日経った今でも鮮明に思い出されます。

看護師は人の死になれてはいけない。
そんな言葉が頭をよぎります。

看護師の経験があるからこその
悔しさや無念さもあると思います。

私も養護教諭だとしても看護師だとしても
看護を学ぶ者としては
その誇りをもっていたいです。


祖父を亡くした時も
友人を亡くした時も
「死」ということがわかりませんでした。

今でもたまに思います。
祖父が祖母の家にいるんじゃないか、
友人と同窓会で会えるんじゃないか。

そして、
2年生の授業のときに
先生はいつもどおりわたし達に
看護を教えてくださるのではないか。

この考えはいつになったら
なくなるのでしょう。
それともこのままなのかな。

なんとなく、
このままだといけない気がしています。


下のバナーをクリックして
ブログの応援をお願いします♪

にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村

ばたばた。
2013年10月21日 (月) | 編集 |
こんばんは。

昨日の記事について個人的にコメントをいただけて嬉しかったgatto.です。

やっと、今まで誰かに聞いてほしかった想いを自分の中から出せたので。

ちょっと勇気を出して書いた私の想いを

少しでも多くの人に読んでいただけたら、なんて思っています。



さて、今日は先日の

「突撃!初対面の友達の晩御飯!」の後編を書こうと思っていたのですが、

ただいま昨日のベッドメーキングテストの事後課題に追われていまして。

今週には発信できれば、と思うのですが………。


ちなみにベッドメーキングとは患者さんのベッドにシーツや包布をセッティングする

といった看護技術の一つです。


これが課題。

1380030100282.jpg

ベットメーキングの手順を書きつつ並列して自分の感想や考察を書いていくという。

とにかく大変。


初めてベットメーキングをする人にもわかるように書き記していくのですが、

自分で頭でわかっていることを文章化するって意外と難しい。

実際にベッドやシーツを使いながらだと教えやすいんですけどね。


それにしても・・・・・・・・

DSC_0007.jpg

なにこの画力のなさwwwww

恥ずかしいのでアップにはあえてしませんでしたが、

小学生のような絵です。

はははは。


……課題の締め切りがかなり近いのでとにかく頑張ります。

それでは!

下のバナーをクリックして
ブログの応援をお願いします♪

にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
色々と考えて。
2013年09月05日 (木) | 編集 |

今日は解剖人体見学実習でした。

見学の決まり上多くは語れませんが、

身体の様々な部位を観察したり実際に触らせていただきました。


途中でふらつくこともありましたが

看護学生としてしっかりしなければ、という思いと

お身体を提供してくださった方やそのご家族に敬意をこめてとにかく頑張りました。


人体とは本当に不思議なものですね。

平時は小さいのに大きく膨らんだり、

とても小さいのにそれがないと生きていけなかったり。

多くを学べる実習でした。


終わったあとは眼科に行ってコンタクトが切れそうだったので購入したり、

漫画喫茶にて楽団資料を作成したり、

夜は第二回幹部会に出席したりと多忙でした。


少し問題もありましたが相変わらず音楽を愛する素晴らしいみなさまの協力もあり

練習開始に向けて動けています。

早く吹きたいな。


今日は精神的に疲れてしまったのですが、

心の支えになっている人達に救われました。

自分が心休まれる環境があることはありがたいです。


また、時間の流れに驚く日ともなりました。

大学生になってから5か月。

小さく見ていくとすごい長く感じる日々でしたが、

大きく見ていくとこんなにも日が経っていたということに実感がなくて。

色々ありましたが私の世界がかなり大きくなっていて、

充実していたことにはたしかで。

そんな中、初めての経験や初めての感情に悩まされたことも。

でもなんとか乗り越えてここまでこれました。


何が言いたいのかわからなくなってきましたが、

とにかく今は幸せですし、

これからも充実した日々を送れるといいな、と思います。


さて、明日からは3連勤。

しっかり寝て頑張ります!


下のバナーをクリックして
ブログの応援をお願いします♪

にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
救命救助法。後編2←
2013年09月01日 (日) | 編集 |
後編2ってなんだよって思わず自分で突っ込みました。笑


【2日目】

08:30に大学の教室に着替えて集合。

ちなみにバスは夏休みダイヤで1時間に3本あるかないか。

………まぢでか。


ということで23:00前に布団に入り04:45に起き、

母が持たせてくれた朝食を片手に05:20に家を出て05:39に柏を出ることに。

………合宿か。コンクールか。


そしてこんなに前日から家族を巻き込んで家を出たというのに

電車綺麗に寝過ごしました☆

乗り換え駅に着く1分前に目覚ましかけてしっかり起きたのに☆

1分の間に寝ちゃったみたい☆


ちなみにそのあとは慌てすぎてあまり記憶はありませんが

TwitterとLINEを荒らしまくったのはたしかです。

必死に友達にタクシーやらバスやらの乗り場を聞きまくりました。

結局なんとか間に合ったのですが、死ぬかと思った。


人生で初めて朝に寝過ごす日がまさかこんな日に来てしまうとは。

30分以上遅刻したら単位が取れない、とのことでしたので本当に絶望しました。


ちなみにTwitterとLINEをオンタイムで見ていた友達からは

大学についてからさんざん笑われました。

笑えー笑えよーーと言わんばかりに私も反撃しました。(理不尽)


実技はかなりハードでした。

初めての実技ということもあったとは思うのですが。


胸骨圧迫と人工呼吸の特訓?を午前中にがっつり。

胸骨圧迫は救急隊がくるまで(東京で平均7分)とにかく続けます。

その時間にどれだけしっかり救命活動をするかによって

傷病者の方の命が救われるかどうかが決まるのです。


実際にやってみたらわかると思いますがとにかく腕がきっつい!!

もう休憩時間はみんな教室で寝っ転がっていました。

何歳老けたの、と思わず突っ込みたくなるほどみんなぐったり。


私が個人的に驚いたのは人工呼吸。

感染症の心配があったり、他人との接触にためらうかたが多く、

なかなか人工呼吸を実践するのは難しいらしいのですが、

今は人工呼吸用のマウスピースがあるんです。

医療従事者を目指す私たちはこれから外出する際はしっかり持っておかないとですね。


私は吹奏楽畑なので人工呼吸はかなり上手にできると自負しています。ドヤ

指導者の方から「しっかり胸部に行きが届いてますねぇぇぇ」とほめられましたから。ドヤ


しかしお昼休憩に私はこんなことを。

恋。

ある男性との危険な恋をしてしまいました。

しかもこれ寝てる隙を狙っていますからね。

のだめの「しゅきありっっ」より圧倒的に立ち悪い。

って問題はそこじゃない。


午後はAEDの使い方を成人、小児、乳児と年齢別に習い実践し、

三角巾を使い応急手当の練習をしました。


三角巾使いこなすのって意外と難しい。

ただでさえ不器用な私はかなり苦戦しました。


いろんな部位に処置をする練習をしました。

足。

足

うーん、難しい。


頭部。

三角巾

疲れすぎwwwwwwwwww


久し振りに大学に、しかもかなりの早起きで登校し、

そのまま朝から全力で運動したようなものですからね。

そりゃこんな顔にもなります。

ちなみに私が右です。数少ない千葉県同盟。


こんな感じで報告は終わります。

昨日は真面目に書いたのに今夜はなんだかぐだぐだになってしまいましたが。


明日も早いので今夜はこれにて。



【おまけ】

危険な恋のNGシーン。

恋。2

友達撮影。

乳児行列。

乳児


看護学生のみなさん、私を反面教師にしていい医療従事者になってください。

ちなみに実習中の写真撮影許可は取れていますのでご安心を。


下のバナーをクリックして
ブログの応援をお願いします♪

にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
にほんブログ村
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。